いかり肩補正をしてみた

ラグランじゃないものを着ると気になる・・・アレ。

そう、私はいかり肩~♪

襟ぐりが広い服は気が付きにくいけど
衿が詰まった物はニットでも気になる。

そこで重い腰を上げて「美しい服作りのための型紙の補正」を買って
いかり肩補正にチャレンジ。


すぐ結果が分かる(作るのが簡単だから)
Rick Rackの大人のTシャツをいじってみました。

このパターンは裁ち線しか書かれていない。
「どうせ後から縫い代つけるんだし。」と、そのまま操作しようかと思ったが
怠け者だけど小心者でもあるので出来上がり線を書いて操作しました。
1.5cm上げてます。

a0152544_12262440.jpg

cosmoのモダール混スムース

本当は試作だから、たーくさんあるリブとか使いたかったけれど
形が分からないのも困るからね・・・




着丈・袖丈はいつものように長くしてあります。

a0152544_12355864.jpg

a0152544_12365620.jpg

「ぶれてる。」「腹が出てる。」
そういう感想は心の中だけにしておいてください。

肩は、いい。
だけど袖ぐりの線はもっと入ってていいかな、肩幅も広いな。
後ろ襟ぐりは少し布が余ってる。
(あれ、今までもそうだったのかな?)

2度目の補正。

a0152544_12423866.jpg

a0152544_12431478.jpg


一度目の補正で袖ぐり線の確認の時に肩幅を削りすぎるのが怖くて控えめにしたのが
結局ダメだったんだろうな、と思う。
肩幅を削ると、自然と袖ぐりも修正され、いい感じになりました。
後ろ襟ぐりは5mm下げました。


腕のしわはいいの、気にならないから。


モダール混がいいのか、補正したからいいのか
着心地が良くて大満足です!

1枚目もそんなに気にならないから着るぞ。
[PR]

by ai-sewing | 2012-04-10 12:53 | 大人服 トップス | Comments(0)